妊娠中でも雇ってくれる仕事

妊娠中のあなたには今こんな悩みがありませんか? 妊娠中なのに旦那が車を購入した 貯蓄がまったくできない 旦那が稼ぎが少ないくせに大半をゲームやタバコ代に 実家が遠く援助が期待できない 妊娠中だけど離婚するかもしれない 産まれてくる子供のことを考えると心苦しい毎日を過ごしていませんか? それはずばり「お金」の心配があるからですよね?

【妊娠中に雇ってくれる看護師の仕事】周りの人に助けてもらいながら感謝の日々のお仕事でした



元々看護師をしていたのですが、つわりになったからといって突然仕事をやめるわけにはいかないので、辛い時は周りの人に助けてもらいながらも頑張って続けていたという感じでした。



正直なところ、つわりが本当に辛かったので仕事を辞めたい日もたくさんありましたが、シフトもあるので安定期あたりまで妊娠中も夜勤などを継続して仕事をしていました。




また、妊娠したら読むお金の本を購入して読みましたが、妊娠すると妊娠時も出産後も子育てにお金が必要です。

何より自分のお小遣いを貯めておきたいと思ったので、少しでもお金を稼ぎたいという考えになり、夜勤なども頑張って一円でも多く稼ごう!という気持ちで頑張って働いていた記憶があります。







 

妊娠中の看護師はやはり過酷



急性期病棟で看護師をしていたので、患者さんが急変していまいICUへ送ったり、状態が悪くなり亡くなる方もいたので、その対応をするのですが、夜勤では少ないスタッフで業務を行うので、人が足りなくてお腹が大きくてもベットやストレッチャーを一人で動かして患者さんを運ぶのが重労働で辛かったです。


誰かに手伝ってもらてばよかったと後で後悔することもありました。





だんだんお腹が大きくなるとお腹がつっかえるので、手を伸ばしてどうにか患者さんの処置をしていたのを覚えています。

お腹は出ているし、腕が短いので、患者さんがいつもよりも遠く感じ、ベットサイドから患者さんの体に触って処置をするのがとても大変だったなと感じていました。






 

1人で頑張りすぎはNG




とにかく、何ごとも一人で頑張りすぎない方がいいと思いました。

妊娠中は力が出なくて、集中力が落ちてしまうので、周りの人に声をかけて手伝ってもらう方が効率よく質の高い仕事が出来たと思います。




また、腕を伸ばすとお腹が張るので、高い所の物を無理してとらないように、周りの人に手伝ってもらうといいと思いました。

妊娠すると、周りに迷惑をかけてしまうのは仕方がないことなので、周りの人への感謝の気持ちを持ち、気持ちを伝えつつ、うまくコミニケーションをはかっていきながら困った時は頭を下げて助けてもらうといいのではと思いました。


座って地道に手作業をするときなどに本領を発揮できるように、出来ることと出来ないことを自分の中で明確にしておくと良いと思いました。








【妊娠中でも雇ってくれる仕事厳選3選】妊婦可の短期集中仕事で旦那の稼ぎに頼るのを卒業
















 

関連ページ